2017年07月20日

カペシタビンが一部の乳がん患者の生存期間を延長――日韓共同臨床試験

キーワード:治療
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
 術前に化学療法を実施しても浸潤性乳がんが残存しているヒト上皮増殖因子受容体2型(HER2)陰性乳がん患者に対し、術後の標準的な化学療法に抗がん薬の1つであるカペシタビン(商品名:ゼローダ)を追加することで、全生存期間(OS)と無病生存期間(DFS)が延長したとする日韓共同で実施された臨床試験の成績が「New England Journal of Medicine」6月1日号に掲載された。

 米国ではカペシタビンは1998年に転移のある進行乳がんの治療薬として承認されている。今回の臨床試験には関与していない米マウントサイナイ病院(ニューヨーク市)の臨床腫瘍医であるStephen Malamud氏によると、同薬はがん治療薬として長年にわたって使用されており、錠剤であるため服薬しやすく、標準的な化学療法で使用されている薬剤と比べて毒性が少ないという。

 今回の試験は、京都大学大学院医学研究科教授の戸井雅和氏が主導して日本と韓国で実施されたもの。対象は、HER2陰性乳がん患者910人〔日本から606人(62施設)、韓国からは304人(22施設)〕。年齢は25~74歳(中央値48歳)で、全ての患者に術前の化学療法(術前ネオアジュバント化学療法)が実施されていたが、浸潤性乳がんが残存していた。なお、HER2陰性のがんは、トラスツズマブ(商品名:ハーセプチン)のようなHER2を標的とする抗がん薬による効果が期待できない。

 対象患者は術後に行う標準的な化学療法にカペシタビンを追加する群(カペシタビン群)と追加しない群(対照群)にランダムに割り付けられた。なお、ほとんどの患者で放射線療法が実施された他、ホルモン受容体陽性の患者にはホルモン療法が実施された。

 この試験は、中間解析でカペシタビンの有益性が明確に示されたことを受け、早期に中止された。最終解析では、治療後5年時点で再発または二次がんがない状態で生存している患者の割合が、対照群の67.6%に対してカペシタビン群では74.1%と有意に高く、DFSはカペシタビン群の方が優れていることが示された。また、治療後5年時点で生存している患者の割合は、対照群の83.6%に対してカペシタビン群では89.2%と、OSもカペシタビン群の方が有意に優れていた。

 さらに、治療選択肢が限られているホルモン受容体(エストロゲン、プロゲステロン)陰性かつHER2陰性のトリプルネガティブ乳がん患者では、カペシタビン群と対照群との間に認められたDFSとOSの差がより大きかった。治療後5年時点のDFS率はカペシタビン群では69.8%、対照群では56.1%、OS率はそれぞれ78.8%、70.3%だった。

 なお、カペシタビン群で最も頻度の高かった副作用は手足症候群で、約4分の3で認められた。手足症候群は手のひらや足の末端部などに紅斑や腫脹が現れるもので、Malamud氏によると「ひどい日焼け」のような症状だという。こうした症状は同薬の使用を中止すれば消失する。

 今回、術前ネオアジュバント化学療法を実施しても浸潤性がんが残存する、治療後の進行リスクが高い乳がん患者において、カペシタビンがDFSやOSを延長することが示された。この試験結果について、米メモリアル・スローンケタリングがんセンター(ニューヨーク市)のElizabeth Comen氏は「これまでの治療を変えるランドマーク試験」と称賛。「副作用のコントロールのためにカペシタビンの用量を患者ごとに調整し、減量したり短期の休薬期間を設けることも可能」としている。

 この臨床試験は先端医療研究支援機構(ACRO、東京)およびJBCRG (Japan Breast Cancer Research Group、東京)の資金援助を受けて実施された。

記事原文 [HealthDay News 2017年5月31日]

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
論文アブストラクト

(日本医療・健康情報研究所)

おすすめイベント

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
05月21日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
元気になろう!CFリハビリフィットネス教室(体力回復)
05月21日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
術後はじめてのCFリハビリフィットネス教室
05月21日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
キャンサーフィットネス教室(運動初心者向け)
05月22日(火) 石川県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
西村先生を偲んで 金沢マギー同時開催  DVD「支援をするもの・受けるもの」鑑賞会
05月23日(水) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
2018年度 がんとお金 知って得するみんなの制度「医療費が高額になったとき ~高額療養費制度~」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ