2017年04月28日

【連載更新】No.10 乳がん治療後/人生を仕切り直し、前向きで健康的な生活を

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
 連載「乳がんとともに生きる人を理解する」(青木美保/帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)を更新しました。

 第9回目「乳がん治療後/自分の人生を仕切り直し、前向きで健康的な生活を」 を公開しました。



 乳がんの「治療後症候群」

 乳がんと診断された方は、誰もが治療がすべて終わる日を待ちわびています。生きるために必死で頑張ってきた、長いジェットコースターに乗っていたような闘病生活がすべて終われば、これからは定期的なフォローアップのために画像検査や診察を受けるだけという段階になります。

 乳がんを克服するための長い治療がすべて終わったあとも、実際には、乳がんの再発予防のためにホルモン療法を受けている方もたくさんいます。ホルモン療法やその合併症(早期閉経や更年期障害など)は、本人以外にはわかりにくいのです。

 そのため、家族や周囲の方は「治療は終わって、元気になったのよね」と病人扱いしてくれなくなります。そうなると、周囲から見放されたような気分になったり、病人扱いしてくれないことに寂しさを感じたり、自分の人生に戻ることに不安や恐れ、不安定な気持ちになることはよくあります。このような状態は「治療後症候群」と呼ばれます。
続きを読む

No.10 乳がん治療後/自分の人生を仕切り直し、前向きで健康的な生活を
オピニオン「乳がんとともに生きる人を理解する」
オピニオン トップページ

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
05月26日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
第17回 ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE):乳がん治療の進歩(抗がん剤・分子標的薬剤を中心に)
05月27日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
CLIMBってなに?参加者の話を聞いてみよう!
05月27日(土) 
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
タバコフリーサミット2017・東京
05月27日(土) 愛知県
患者さん・一般の方向け
ブリザーブドフラワー&おしゃべり会 in名古屋
05月27日(土) 東京都、長野県
患者さん・一般の方向け
KSHS 春のカミツレツアーのご案内
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ