2017年03月07日

仕事帰りに気軽に立ち寄れる 池袋がん哲学外来・帰宅中カフェ

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル


参加者に向けて話をする「がん哲学外来」の発案者・樋野興夫先生

お客様との会話がきっかけ。樋野先生からも背中を押され

 ウィッグやヘアケア製品を取り扱う株式会社スヴェンソンが3ヶ月に1度店舗を開放して開催する「池袋がん哲学外来・帰宅中カフェ」は、現在、日本全国に広がりをみせる「がん哲学外来カフェ」の1つ。池袋駅からすぐの立地を活かして、午後6時から始まり、仕事帰りでもふらっと立ち寄ることができます。

 「2013年にあるお客様から『ミッションの無いゆるいカフェがあって、すごくいいの。スヴェンソンサロンでもぜひやってみたら』と誘われて、早速『お茶の水メディカルカフェ』に参加しました。そこで樋野先生と出会ったのがはじまりです。先生の『英断即決』という言葉に背中を押され、2ヵ月後には新百合ヶ丘サロンで初めてのカフェを開きました」(スヴェンソン広報 伊藤瑞花さん)

 現在、スヴェンソンでは、北海道から九州まで全国18ヶ所のサロンで『がん哲学外来カフェ』が行われています。池袋『帰宅中カフェ』は、樋野先生も仕事の帰り道に参加されることにちなみ名付けられました。夜の時間帯に行われているのは珍しく、この池袋サロンのみとのことです。

がん哲学外来カフェを体験する

 「がん哲学外来」をもっと知るために、実際に1月23日に開催された「池袋がん哲学外来・帰宅中カフェ」に参加させてもらいました。定員は25名。参加者は3つのテーブルに分かれて着席をします。まずは樋野先生からのお話から。

 「がん哲学とは」
 「病気は人生の夏休み」
 「Quality of LifeからQuality of Death時代に向けて」

 など、穏やかな微笑みとともに先生が語りかける言葉は、がんを経験した人にとって、さまざまな気づきを与えてくれるものだと感じました。

 続いてはカフェタイムです。

 同じテーブルについた参加者同士でお茶を飲み、お菓子をつまみながら、簡単な自己紹介のあと話をします。初めて参加した人もいれば、2〜3回目の人も。がん種もさまざまで、患者だけではなく家族の方もいました。各テーブルにはスタッフがファシリテーターとして1人ついているので、もし話が途絶えてもフォローをしてくれます。


この日は1月ということで、おしるこがふるまわれた

 話す内容は自由です。私がいたテーブルでは治療の疑問から始まり、次第に「患者として家族とどう接すればいいのか、また患者の家族として患者にどう接すればいいのか」という内容に話がシフトしていきました。

 乳がん患者さんの多いテーブルでは、仕事のこと、主治医との関係、リンパ浮腫、旅行に行けるかどうかといった内容が話されていました。

 またカフェタイムの間、先着4名で樋野先生との個人面談が行われます。実際に面談をしたことがある方たちに話をうかがうと、樋野先生は聞き手にまわったり、病気のことや家族のことなどについて積極的に質問を投げかけてくれたり、面談する相手に合わせて対応を変えて、アドバイスをしてくれるのだそうです。

 最後に樋野先生への質問タイム、結びの話などがあり、会は終了しました。2時間はあっという間で、会が始まった時は少し硬かった参加者のみなさんの表情が次第にやわらかな笑顔になったのが印象的でした。

「池袋がん哲学外来・帰宅中カフェ」の次回の開催は4月24日(月)18時〜20時です。

「がん哲学外来」information

  ■全国で行われている「がん哲学外来」が都道府県別と日程順に掲載されています。
一般社団法人 がん哲学外来

■「池袋がん哲学外来・帰宅中カフェ」
会場:スヴェンソン池袋サロン(東京都豊島区東池袋1-4-6 高和ビル7F)
TEL:03-5979-6356

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなど

(日本医療・健康情報研究所)

働く女性の乳がんセミナー「乳がん患者さんの恋愛・婚活・結婚生活」

おすすめイベント

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
09月20日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
キャンサーフィットネス 朝陽ウォーキング@明治神宮
09月20日(水) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
乳がん、婦人科がんの下着・補正パット・リンパ浮腫でお悩みの方 ☆藤沢相談会・試着会☆
09月20日(水) 愛知県
患者さん・一般の方向け
藤田保健衛生大学病院患者さん向けがんセミナー「抗がん剤治療と医療福祉相談」
09月22日(金) 東京都
医師・医療スタッフ・保健師向け
第5回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会(9/21-9/22)
09月22日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
国立がん研究センター 第14回公民館カフェ 「40~50歳代のハザマ世代のがんを考える」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ