2016年12月26日

次世代のがん治療「重粒子線治療」 切らない治療で「がん死ゼロ」を

キーワード:治療
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
 がん治療を手掛ける量子科学技術研究開発機構などは、重粒子線を照射してがんを治療する先端医療装置を小型化する研究開発協定を締結した。

次世代のがん治療「重粒子線治療」

 重粒子線治療法は、重粒子(炭素イオン)線を使った放射線治療。重粒子を光の速度の70%に加速してがん病巣を照射する。

 量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所が、世界に先駆けて実運用に成功した技術で、1994年から2016年5月までに1万5,000名以上の患者が治療を受けている。

 がん病巣を直接取り出す外科手術は体のダメージが大きいが、体外からの部位照射で治療する重粒子線治療は、「切らない」治療ともいえ、痛みや体への負担が少ない。従来の放射線治療とも比べても副作用も少ないという。

 従来のエックス線を使った放射線治療では、体内の奥に入っていくほどその影響力が低下するが、重粒子線治療であれば、影響力のピークを体内に設定できるため、がん病巣に狙いを定めて効果的に照射できる。

 また、重粒子線治療は、がん病巣の形や位置に合わせて集中的に照射できる。がん病巣の形に合わせて照射調節の専用器具で調節できるので、正常な器官への影響を抑えられる。

第5世代装置の開発に着手 小型化・低コスト化を目指す

 量子科学技術研究開発機構、住友重機械工業、東芝、日立製作所、三菱電機は、「第5世代量子線がん治療装置の開発協力に関する包括的協定」を締結したと発表した。

 国内外の医療機関に設置可能な第5世代量子線がん治療装置(量子メス)の開発を計画している。具体的には、レーザー加速技術や超伝導技術等を用いた重粒子線がん治療装置の大幅な小型化・低建設コスト化を目指す。

 また、現在の炭素イオンを使用する重粒子線治療装置よりも高い治療効果が期待できるマルチイオン照射の実用性実証などの高性能化も並行して進めるという。

 「外科治療などの治療と比べて患者への負担が軽く、免疫抑制のない重粒子線治療を、将来のがん治療の基本的手法と位置づけ、その大幅な普及・拡大等を通じて、がん死ゼロの実現を目指す」としている。

量子科学技術研究開発機構
重粒子線治療ガイド
(日本医療・健康情報研究所)

働く女性の乳がんセミナー「乳がん患者さんの恋愛・婚活・結婚生活」

おすすめイベント

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
09月20日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
キャンサーフィットネス 朝陽ウォーキング@明治神宮
09月20日(水) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
乳がん、婦人科がんの下着・補正パット・リンパ浮腫でお悩みの方 ☆藤沢相談会・試着会☆
09月20日(水) 愛知県
患者さん・一般の方向け
藤田保健衛生大学病院患者さん向けがんセミナー「抗がん剤治療と医療福祉相談」
09月22日(金) 東京都
医師・医療スタッフ・保健師向け
第5回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会(9/21-9/22)
09月22日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
国立がん研究センター 第14回公民館カフェ 「40~50歳代のハザマ世代のがんを考える」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ