2016年09月08日

がん生存者は肥満になりやすい-とくに大腸がん、乳がんで高いリスク

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

 米国では、がん生存者は、一般集団に比べて肥満になりやすいことが、新しい研究で示された。とくに大腸がん(結腸直腸がん)や乳がん生存者で肥満率が高かったという。

 この研究は、1997~2014年の米国健康聞き取り調査(National Health Interview Surveys)に参加した米国成人(18~85歳)53万8,000人強のデータを解析したもの。対象者のうち3万2,000人強ががん生存者であった。

 解析の結果、肥満者の割合の推移は、がん既往のない人では1997年の21%から2014年には29%だったのに対し、がん生存者では22%から32%に増加していた。

 肥満の年間有病率は、がん既往のない人に比べてがん生存者で高く、とくに大腸がん生存者と乳がん生存者で大きく増加していた。なかでも黒人の大腸がん、乳がん、前立腺がん生存者で増加率が高かった。

 肥満の有病率が大きく増加した大腸がん、乳がん、前立腺がん生存者それぞれの特徴を男女別にみると、女性の大腸がん生存者では、若年、黒人、過去2~9年以内にがんと診断された人、男性では高齢、黒人、がんと診断されてから10年以上経過した人が多かった。乳がん生存者では、若年、白人、過去1年以内にがんと診断された人、前立腺がん生存者では、若年、白人、過去2~9年にがんと診断された人といった特徴がみられた。

 研究責任者を務める米コロンビア大学(ニューヨーク市)メイルマン公衆衛生学部のHeather Greenlee氏は、この知見の一部は、近年、肥満に関連すると考えられている乳がんや大腸がんの患者数が増加していることで説明できるが、その他のがんについてはさらなる研究が必要との考えを述べている。

 また同氏は、「肥満によって、がん生存者の健康面での負担が増えることは明らかであり、体重管理などの目標を定めた介入策の実施が求められる」と付け加えている。

 この知見は、「Journal of Clinical Oncology」オンライン版に7月25日掲載された。

記事原文 [HealthDay News 2016年8月12日]

Copyright c 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
論文アブストラクト

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
06月26日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
女性がん患者のためのヨガ教室 "さくらキャンサーヨガ" vol15
06月27日(木) 東京都
患者さん・一般の方向け
2019年度 東大患者サロン「治療と食事」
06月28日(金) 千葉県
患者さん・一般の方向け
ピア・サポーターズサロンちば
06月29日(土) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
乳房再建サロン
06月29日(土) 石川県
患者さん・一般の方向け
ピアサポート研修会「ピアサポートの理論とコミュニケーションについて学ぼう!」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ