2016年08月23日

「再現美容」 脱毛後も、これまで通りの自然なヘアスタイルを提供

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

  抗がん剤の副作用の中で、患者さんにとって一番大きな問題である「脱毛」。

 「周りの人から『変わったね』と思われたくない」という患者さんの声に答えて生まれたのが、NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会の医療用ウィッグ「ヘアエピテーゼ」を使った「再現美容」です。

これまでのヘアスタイルを再現する「再現美容」について、NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会で広報を務める、河野こずえさんに詳しくうかがいました。

分け目や毛の流れも自由に再現できるウィッグ

「みなさん、美容院に行くときは、もっとキレイになりたいと思って行きますよね。でも再現美容では『もとの自分に戻してあげる』のが、第一の目的なんです」と話してくれたのはNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会の広報、河野こずえさん。

 「再現美容」とは、その名前の通り、脱毛前のご自身のヘアスタイルを、医療用ウィッグ「ヘアエピテーゼ」を使って再現するものです。

 通常のウィッグは、すでにヘアスタイルが決まっていますので、カットして長さを微調整することは可能ですが、分け目や毛の流れの向きを変えることはできません。一方、ヘアエピテーゼは、熟練した職人が2ヶ月間かけて、1本ずつ手作業で植えて制作しているウィッグです。

 頭頂部には素肌に近いシルクスキンを使用するため、分け目も自由に再現でき、まるで自分の髪のように、自然に様々なヘアスタイルを作ることができるそうです。

   またヘアエピテーゼは、髪と同じ成分のタンパク質を配合したポリエステルの人工毛を人毛にミックスして作られていますが、表面に細かな凹凸をつけてあるため、ウィッグとは思えないようなマットで太陽光の下でも自然な質感を表現することが可能だといいます。


カット前のヘアエピテーゼ(ロングヘア用)

 さらにNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会では、ヘアエピテーゼを使って、脱毛前のスタイル、もしくはご希望のスタイルを作り上げる再現美容師の認定制度を運営しており、その1つが「かつらの学校」です。

 美容師資格を持つ人に向けたもので、ウィッグのカットの仕方などの技術面に加え、抗がん剤治療を受けた人の脱毛の実態や、精神面なども含めた12時間のカリキュラムです。「かつらの学校」を修了してから、1年間は準再現美容師として経験を積んだ後、再現美容師の認定資格を得ることができます。


再現美容師がヘアエピテーゼをカット・スタイリング。
約2時間でスタイルが完成します(スタイルによって所要時間は異なります)

「美容院でカットできるウィッグ」が開発の原点

 再現美容が誕生したのは、広報の河野こずえさんご自身が2003年、乳がんになり、抗がん剤治療によって脱毛をしたのがきっかけでした。

 「当時は良いウィッグが見つからなくて、外に出るのが嫌になってしまい、引きこもっていました。そんな時、『美容院でカットできるウィッグはないだろうか』と思いついたんです。以前、私も夫(NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会・河野愛一郎会長)も出版社でファッションや美容の仕事をしていたものですから、美容業界や繊維メーカーとのつながりを活かしてヘアエピテーゼと再現美容の開発・活動を始めました」(広報・河野こずえさん)

 現在、認定再現美容師がいるサロンは全国にあり、制作後もサイズ調整やスタイル調整、スタイルチェンジやメンテナンスなど1年間無料でサポートしてくれます。料金はウィッグ制作代(1年間のサポート付き)と治療前後の自髪カット各1回を含めて、12万円(税別)です。


(1)自髪


(2)ヘアエピテーゼ

 また180度まで耐熱の形状安定素材なので自分でヘアアイロンを使ってアレンジをしたり、髪を結ったりすることもできます。

「お客様の中には、担当医の先生や看護師さんから『あれ、まだ抜けてないの?』と言われる方も多いようです。乳がんの治療には様々な悩みがつきものですが、その1つを解決し、自分らしさと元の生活を取り戻してもらえたらうれしいです。お試しは歓迎ですのすので、ぜひお近くの認定サロンを訪ねていただければと思います」
(広報・河野こずえさん)

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
09月20日(金) 北海道
患者さん・一般の方向け
旭川医科大学病院腫瘍センター がん患者サロン「ほっとピア」セミナー「がんとリハビリテーション~がんロコモとは~」
09月21日(土) 岡山県
患者さん・一般の方向け
若年性がんサポートグループAYACan‼ ~若い世代のガン経験者で集まろう~
09月21日(土) 愛媛県
医師・医療スタッフ・保健師向け
四国がんセンター 大切な人をなくした子どもへのケア
09月21日(土) 群馬県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
講演「がんのゲノム医療とは、先進医療とは」
09月21日(土) 新潟県
患者さん・一般の方向け
リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019にいがた
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ