2016年08月17日

抗がん剤副作用と障害年金
書類の書き方が受給の分かれ目になる場合も

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

 障害年金は、病気やケガによって生活や仕事が制限されるようになった場合に、現役世代の人も含めて受け取ることができる公的年金です。

 人工肛門や喉頭全摘出といった見た目の身体機能の変化がある場合でなく、抗がん剤の副作用や手術によるしびれや痛みといった、外からは分かりづらい障害でも受給できるケースがあります。乳がん患者さんでも当てはまる人は多いはずですが、制度自体が知られてないため、あまり活用されていないのが現状です。

 日本年金機構目黒年金事務所 の石田健之介さんご協力いただき、どういう場合に障害年金が受け取れるのか、また申請の際に気をつけるべきことをまとめました。

がんの治療の結果として起こる障害も対象に

 障害年金には、国民年金に加入している人のための「障害基礎年金」と、厚生年金に加入している人のための「障害厚生年金」の2種類があります。

 受給には、いくつかの条件にあてはまることが必要ですが、まずは病気やケガで初めて医師や歯科医師の診療を受けた日、つまり初診日が国民年金や厚生年金といった公的年金制度の加入期間であることが前提となります。

 さらに日本に居住する65歳未満の人で、初診日から1年6か月以上経過した時点の身体の状態が法令に定める障害の状態にあると認定された場合は障害年金を受け取ることができます。

 また厚生年金の加入者の場合は、障害基礎年金だけでなく、障害厚生年金も支給されます。さらに、障害基礎年金は障害等級が1級と2級しかありませんが、障害厚生年金には3級のほか、障害手当金(一時金)もあります。

「障害の状態にある」というのは、病気やケガによって生活や仕事が制限されるようになった状態のことです。人工肛門や喉頭全摘出といった目に見えて身体の機能が変わった場合だけではなく、がんそのものによって生じる全身衰弱、または機能の障害、さらにはがんの治療の結果として起こる障害についても、認定の対象となるのです。

 がんの患者さんの場合は、抗がん剤などの薬物療法による倦怠感や、しびれや痛みといった末梢神経障害、下痢、嘔吐、貧血など外見からはわかりにくい全身症状も該当します。また、がんをきっかけに、こころの病気になってしまう方もいらっしゃいますが、これもまた認定の対象となる障害にあたります。

 障害の等級については、わかりやすく言うと1級は全介助の状態、2級はふだんの身のまわりのことに制限が生じている状態、3級は軽作業くらいしかできない状態のことを言います。

書類の書き方が受給の分かれ目になる場合も

 障害年金を受け取るためには、年金の請求手続きが必要です。障害の状態になっても、手続きをしなければ、受け取ることはできません。

 最低限必要となる書類は、主治医の記入する「診断書」と「受診状況等証明書」、そして申請者自身が記入する「病歴・就労状況申立書」です。

 がんの患者さんの場合、体の内部の症状であることが多いので、実生活や仕事にどれだけ支障が出ているか、見た目からは判断しづらい。だから「病歴・就労状況申立書」に詳しくご自身の日常生活について書くことが大切となってくるのです。

 例えば「だるくて、日中の半分以上は起き上がることができない」とか「手術した側の手がしびれて力が入らず、これまでのように仕事ができなくなり、収入も半分に減った」とか、具体的なエピソードとともに、仕事や日常生活にどれだけ支障がでているのかを細かく記すのがポイントです。そのためには日頃からご自身の状況を書き留めて、整理しておくのがいいでしょう。

 まずは年金事務所か、市(区)役所または町村役場にお気軽にご相談ください。

「ねんきんダイヤル(0570-05-1165)」にお電話をいただいても大丈夫です。

参考: 日本年金機構WEBサイト

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

おすすめイベント

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
07月27日(木) 兵庫県、岡山県
患者さん・一般の方向け
第15回日本臨床腫瘍学会 学術総会「患者・家族向けプログラム」
07月27日(木) 広島県
患者さん・一般の方向け
呉医療センター・中国がんセンター 乳がんサロン「薬の副作用について」
07月29日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
キャンサーフィットネス 2017年 がんサバイバーのための減量と栄養の勉強会 第4回 調味料の使い方・お料理教室
07月30日(日) 宮城県
患者さん・一般の方向け
第8回 NEXTSURG 市民公開講座 「乳がんを知ろう」
08月01日(火) 東京都
患者さん・一般の方向け
聖路加国際病院 がんの治療と仕事を両立するためのグループ 就労 Ring 2017
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ