2016年03月
1. 乳がんと診断されたら

4. 治療・定期検査

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

退院後から本格的に始まる乳がん治療は、「時間がかかること」「通院の頻度が高いこと」が特徴で、特に就業している人にとっては大きな負担となっています。また治療が終わってからも、定期検査は必要です。定期検査では問診や視触診、年1回はマンモグラフィやエコー検査を行います。乳がんは手術後5年あるいは10年過ぎてからも再発することがあるので「もう時間がたったから」と自己判断せずに、必ず検査は受けましょう。

治療後も、経過観察のために
3ヶ月から1年ごとの定期検査は必要

 乳がんは手術が終われば、それで治療が終わりというわけではありません。退院後に術後の放射線療法や薬物療法(ホルモン療法、抗HER2療法、化学療法)などが始まるため、通院が必要になります。例えば、薬物療法で通院に要する時間は、様々な待ち時間などを含めると半日がかりになってしまうなど、乳がん治療の通院は「時間がかかること」「通院の頻度が高いこと」が特徴です。

 また、がんの性質や進行の具合によって、ホルモン療法だけの人もいれば、放射線療法に加えて複数の薬物療法を行う人もいるため、全体の治療期間の長さは人それぞれですが、いずれにしろ就業している人にとっては、特に大きな負担になっているのが現状です。

 地域によっては土日や夜間のがん診療に対応する病院もあります。また場合によっては、通勤地や居住地に近い病院に転院するといった方法をとることも可能です。

術後の治療とその期間(代表的な例)
放射線療法ホルモン療法抗HER2療法化学療法(抗がん剤治療)
1回の所要時間照射時間1~2分注射は5分程度60分(週1回の場合)、もしくは90分(3週に1回の場合)約1時間
頻 度毎日(週5回)4週もしくは12週に1回週1回、もしくは3週に1回週1回、もしくは3週に1回
回 数25回
期 間5週間2~5年1年間3ヶ月~5ヶ月間

 経過観察のために3ヶ月から1年ごとの定期検査は必要です。定期検査では問診や視触診、年1回はマンモグラフィやエコー検査を行います。最初は3ヶ月ごとだった検査が、6ヶ月間隔になり、5年が過ぎたら1年間隔になるのが一般的です。

 乳がんは手術後5年あるいは10年過ぎてからも再発することがあります。「もう時間がたったから」と自己判断せずに、必ず担当医の指示に従って検査を受けてください。

ちょっと一言!

 それまでの定期検査では、「検査を予約する、検査を受ける、結果を聞きに行く」と、年に一度ですが、最低3回は通院しなければいけませんでしたが、担当医がかわって「早めに日程を決めてくれれば、1日でマンモグラフィとエコー検査をやって、結果もすぐに出せるわよ」と新たに提案してくれました。

 もしかしたら、検査の通院回数や時間の短縮ができるかもしれないので、試しに担当医に相談してみるのもいいかもしれません。

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
12月15日(金) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
四国がんセンター 生活に役立つリハビリテーション「むせずに食べよう! ~上手に飲み込むためのリハビリ~」
12月16日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
順天堂大学医学部附属順天堂医院 主催 第20回 市民公開講座 
12月16日(土) 新潟県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
人生を楽しむ、乳がん手術後のアピアランスケア
12月16日(土) 東京都
医師・医療スタッフ・保健師向け
平成29年度 「がん患者の外見ケアに関する研修会」基礎編
12月17日(日) 東京都
患者さん・一般の方向け
キャンサーフィットネス キャンサーヨガ&ピラティス教室
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ