2016年03月
3. 乳房再建について

2. 再建後のケアやメンテナンス

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

大切なのは、なにかトラブルがあったら、初期のうちに手当てをすることです。気になうことがあったら、「大丈夫だろう」と自己判断をせずに、専門医に相談しましょう。 またインプラント再建の場合は、将来的な交換が必要になります。

痛みや腫れが出た場合は、すぐに主治医に相談を

 個人差はありますが、乳房再建後の早い時期では、再建した乳房は全体的に硬く、組織もまだ不安定です。できるだけ胸を圧迫しないような姿勢をとり、ゆるい下着や衣服を着用し、安静にしましょう。インプラント再建やCAL再建では手術の翌日から軽い作業をしてもかまいませんが、本格的な仕事などは1週間してから始めることをお勧めします。また自家組織再建の場合は、退院後1週間してから軽い作業を始めましょう。

 手術後1ヶ月ほどした頃には、日常生活の制限はほとんど無くなります。少しずつ体を動かして、状態が安定したら積極的に運動をしたほうが、回復が早くなります。

 乳房再建のガイドライン(日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会、日本形成外科学会、日本乳癌学会「乳房再建を目的としたブレスト・インプラントおよびティッシュ・エキスパンダーに関する使用要件基準」)には、必ず年に一度の検診と2年に一度のMRIもしくは超音波検査をするべきだと記されています。そして再建した乳房や組織を採取した箇所に痛みや腫れ、圧迫感などの異常を感じたら、自己判断をせず、すぐに主治医に相談しましょう。悪化してからでは大変なことになりますので、何よりも迅速な対応が大切です。

インプラント再建の場合は、10~20年後に入れ替えを

 インプラント再建の合併症のひとつにインプラントの周囲に形成される薄い膜が、硬く締まって痛む「被膜拘縮」というものがあります。特にスムーズタイプのインプラントを使う場合は、手術後に医師の指導によるマッサージが必要になります。

 そしてインプラントは時間とともに状態が変化していき、将来的には交換や摘出が必要となります。現在普及しているインプラントは安全性の高いものですが、10~20年後の入れ替えを視野に入れておくのが望ましいでしょう。

 さらにインプラント再建の場合、再建していない側の乳房が加齢とともに下垂して、左右のバランスが悪くなる可能性があります。その際は再建していない側の乳房を持ち上げる、もしくは脂肪注入(CAL組織増大術など)で調整するなど、バランスを合わせる手術が必要になることがあります。

関連ニュース・トピックス

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(乳がん体験者の会「KSHS」代表)
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
03月23日(木) 青森県
患者さん・一般の方向け
頭皮ケア・医療向けウィッグ無料相談会のご案内
03月25日(土) 北海道
患者さん・一般の方向け
乳房再建法について
03月25日(土) 宮城県
患者さん・一般の方向け
第8回市民公開構座『知っておきたい抗がん剤治療 ~これからの抗がん剤治療を考える~』
03月25日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
第4回Over Cancer Together がんサバイバー・スピーキング・セミナー
03月25日(土) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん哲学外来 にいはまカフェ
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ