2017年07月 更新
乳がん患者会 全国マップ
メディカルヨガ

メディカルヨガ

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
About 概 要
WEBサイト
WEBサイトを見る ▶ 
お問い合わせ

お問い合わせページへ ▶

Activity 活 動
ヨガで乳がんのリハビリをもっと楽しく

がんの患者さんにとってとりわけ重要なのは、本人が持つ生命力を優しく蘇らせることです。なぜなら「疲労」「落込み」こそががんによる最も深刻で典型的な副作用だからです。特に乳がんは早期発見、早期対応が可能なだけに術後のリハビリが回復の大きな鍵を握ります。

ヨガでリハビリをする乳がんの女性が増えてきています

 しかし、がんの中でももっともヨガの導入が顕著なのが「乳がん」なのです。なぜか。女性の患者さんが多いということもあります。しかしもっと大きな理由は、早期発見、早期対応が可能なため、予後がほかのがんに比べ格段にいいのです。つまり、まだまだ日常生活を普通に送れる患者さんが多数を占めているのです。

 しかしながら、リハビリとしての適度な運動として、どんなことをしたらいいのかがわからず、重苦しい心から抜け出せずにいる方々がたくさんいます。第一に、ヨガは身体心理学、つまり身体を適度に動かして、心を晴れやかにすることを目的としています。もう一つ、セラピーとしてのヨガはヨガよりもっとシンプルでわかりやすくてよいのです。極端なことを言えば、ポーズをイメージするだけでも、呼吸に意識を向ける時間を作るだけでもいいのです。あるいは、自分を抱きしめる練習をすることもヨガといえます。

都道府県から探す

内容や目的で探す

新着情報

情報の掲載について

このコーナーでは、全国の乳がん患者会情報を募集しています。主催者の方は、ぜひ当サイトをご活用ください。

お申し込みはこちら ▶

※情報掲載に関しての費用は一切かかりません。
※掲載の可否については日本医療・健康情報研究所の判断で決定させていただきます。

全国乳がん患者会マップの掲載について

このコーナーでは、全国の乳がん患者会情報を募集しています。主催者の方は、ぜひ当サイトをご活用ください。

お申し込みはこちら ▶

※情報掲載に関しての費用は一切かかりません。
※掲載の可否については日本医療・健康情報研究所の判断で決定させていただきます。

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
07月12日(木) 兵庫県
患者さん・一般の方向け
関西ろうさい病院 がん患者サロン「医療者との効果的なコミュニケーション」
07月12日(木) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん哲学外来 坂の上の雲 暖だんカフェ
07月14日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
がんサロンSAKURA「がん体験者が語る薬膳」
07月14日(土) 兵庫県
患者さん・一般の方向け
がん患者グループ「ゆずりは」2018年7月定例会
07月14日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
ピンクリボン in NERiMA 乳がんカフェ
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ